読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広告代理店出身インフラエンジニアの備忘録

WebデザイナーからのWebプログラマー、ミドルウェアも管理するようになり、気付けばインフラエンジニアになっていました。

全く知識のない人にLinuxを教えるようになった話

表題の通り。
どんな流れか、Linuxを教えることになった。
 

自分自身が誰かに教えてもらったわけでないので

どういえば確実に理解してもらえるのか 最適解が見出せない。

 

個人的な思いとして、
1. 徹底的にコマンドを叩き込む
2. ひたすら実践、楽する方法を編み出していく
3. わざとパラメータを悪い方向に設定して動きを観察する
 
この3つをこなせば 嫌でも実力つくんじゃないかと思ってる。
 
1、2は 頭でなく身体で覚えることが目的。
 
3つ目は辛いかな。
実力付けたい!って強く懇願する後輩君には真っ先に言っていることだ。
 
 
本題。
 
動画でも作ってみようかな。
見せりゃ教育終わっちゃうし
そこから発展して動画投稿サイトとかに流してみれば色々な人の反応が得られる。
 
んで指摘受けるごとにどんどん洗練された動画を作れるようになるでしょうし
教育動画って市場も潤ってないので やる価値はあるかなと。
 
前向きに検討しましょう。