広告代理店出身インフラエンジニアの備忘録

WebデザイナーからのWebプログラマー、ミドルウェアも管理するようになり、気付けばインフラエンジニアになっていました。

新型インプレッサに1年間乗ってみて。

<追記>無断転載されました

 

早いことに納車からもう1年。

結論からすると「買ってよかった」です。

 

実車を見る前に契約してしまったわけですが今でも全く後悔していません。

1年間乗っての走行距離はなんと10000km超え。自分でもびっくりしています。
f:id:rhymerr:20171105191014j:image

 

 さて、1年間 x 10000km乗るといいことも悪いことも色々と見えてきます。

改めてレビューということで、1年間 x 10000kmを振り返ってみましょう。

 

良かったこと

EyeSightの完成度

 一番の目玉、と言ってもいいくらいの機能。

 あまりの快適さに、高速道路を使って遠くに出かけるのがとても楽しくなりました。

 後から出たツーリングアシストと比べてしまっては残念に感じてしまいますが総合的に見たらとても満足できるレベル。

 

 一つ不満を挙げるとすれば、これから高速道路の最高速度が上がった時のこと。

 現在EyeSightで設定出来る最高速度はメーター読みで 114km/h で実測換算で100km/hと少しだそう。

 ここ数日で新東名の一部区間で試験的に最高速度が110km/hに引き上げられましたが

 このまま本運用が始まり、さらに全国的に広まってしまったら性能不足(??)を感じてしまうかもしれません。

 

アクセルとブレーキの感度

 両親が某最大手自動車メーカーの車を所有しており時々運転することがあるのですが

 インプレッサと同じ感覚で乗るとアクセルおよびブレーキの感度の鈍さがとても気になります。

 

 特にブレーキ。

 インプレッサは踏み始めからグッと効いて、さらに踏み込むと踏み込んだ分だけ素直にグングンと効いていくような味付け。

 

 対して某大手メーカーの車の場合 最初の半分は遊びがあり半分を超えたくらいから一気に効き始めます。

 慣れればなんてことはないでしょうけど、インプレッサの味付けの方が自分で制御している感覚が強くて好みです。

 

硬い、けど不快感のない足廻り

 足廻りは結構硬め。でも段差を乗り越えても不快感は全くなし。

 絶妙で、完全に私好みの味付けです。

 

ボディーの剛性感

 インプレッサに乗るまで分からなかった感覚。

 コーナリング時、左右に振られる感覚がほとんどありません。

 「あぁこれが自動車評論家の言う"ボディー剛性"なんだな」と、素人の私でもSGPの謳い文句を感じることができました。

 

素直なハンドリング

 やや硬め。

 そしてアクセルとブレーキ同様 遊びが少なく、操作した分だけしっかり働いてくれます。

 ボディー剛性と足廻りとの相性も◎

 

車内空間の完成度

 新型インプレッサが正式に発表された時に思ったこと。

 「これはスバルの内装じゃない!」

 これまでのスバル車の内装って平坦で飾り気が無くて、悪く言えば「安っぽい内装」でした。

 

 新型インプレッサはこれまでの内装イメージを一気に覆すような凝ったデザイン。

 そして手で直接触れる所には手触りのいい素材が使われているため、安っぽさを感じません。

 

 ドア内側のポケットもいいですね。

 他の車よりも大きくて、スマートフォンなどなど普段ポケットに入れているものが楽に収納できます。

f:id:rhymerr:20171105190815j:image

 

 さらにさらに、全ての座席が広々としていて窮屈な感じが全くありません。

 同等の広さがある車種って、かなり限られるのではないでしょうか。 

 

イマイチだったこと / 改善して欲しいところ

走行時の静粛性

 前席はいいんです。問題は後席。

 以前の記事でも書きましたが、トランクあたりから結構なロードノイズが響いており

 前席での会話はほとんど聞こえないようです。

 改善しようとしたらお金をかけてデッドニング、となってしまうのでしょうか。

 

そして静粛性に関してもう1箇所。屋根は薄めです。

ちょっとでも大粒の雨が降ると煩いです。

 

少しでもいいから後部座席のリクライニングが欲しい

 ほんの少しでもいいので後部座席にもリクライニング機能が欲しかったです。

 上位車種との差別化、そしてセダンタイプのG4と共通設計である以上

 実装されていなくても文句が言えないのは重々承知していますが・・・。 

 

鼻が結構長い。見通しの悪い住宅街ではちょっと使いづらい

 両親の所有している車と比べるとどうしても目についてしまう所。

 見通しが悪い交差点では少しずつ前に詰めて視界を確保しますが

 まともに見通せる所まで前に出てしまうと、鼻が長いので結構な長さがはみ出てしまいます。

 インプレッサ、もといスバル車は見通しの良さが好評ですから、ここについてはちょっと残念に思います。

 

(細かい所だけど)コンソールボックス内のシガーソケット端子のキャップ

 f:id:rhymerr:20171105190837j:image

 これは明らかな設計ミスと言わざるを得ません。

 コンソールボックス内にシガーソケット端子があり、キャップが付いているのですが

 このキャップ、端子を利用するために全開にしてしまうとディーラーオプションのコンソールボックストレーと干渉してしまうのです。

 

 それならそれで全開にせずに使えばいい話なのですが、オプション品と組み合わせた状態でのテスト、

私の働いている業界で言えば「結合テスト」を行っていないことの証明では、と感じてしまいました。

 

 

さて、ざっと書き上げてみました。

これから購入を検討されている皆様の参考になれば幸いです。

(こうやって書いてみると、デメリットと感じていることのほとんどがD型レヴォーグで改善されているんだなぁ・・・。レヴォーグのSGP化に期待。)