広告代理店出身インフラエンジニアの備忘録

WebデザイナーからのWebプログラマー、ミドルウェアも管理するようになり、気付けばインフラエンジニアになっていました。

インプレッサのウインカーをシーケンシャルウインカーにしてみたい【Part.5】

最後は取り付け編です。

 

 

とは言っても、前回のパートで作成したケーブルを差し込むだけなので特に何も考えずに取り付けます。

 

 

ケーブルのウインカー端子ですが、そのままだと噛み合わなかったので車体にくっついている本物の端子を参考に少しだけ削っています。
f:id:rhymerr:20171125164903j:image

 

 

貼り付け。

接着面にシリコンオフスプレーを忘れずに。
f:id:rhymerr:20171125151321j:image
f:id:rhymerr:20171125151301j:image

 

完成。

配線は適当に結束バンドで固定しておきました。 

 

点灯させてみた動画がこちら。


新型インプレッサのウインカーをシーケンシャルウインカーにしてみた


30センチのLEDテープだとこんな感じになります。

近くで見ると長さが足りないように見えますが、ちょっと離れると元のLEDのラインと同じくらいの長さになっていい感じ。個人的にはこれくらいの長さで十分かな。

 

昼間は光量が足りず粒々感が強く感じますが、夜間は粒々感を感じず光量もGOOD。

下側に映り込むところもカッコいい。個人的にはとても満足です。

 

 リア側ですが、スペース的にも辛そうですし、近いうちに社外の格好いいテールランプセットが出るだろう、ってことでやりません。

 

最後に、今回使った物を紹介します。

結束バンド、ギボシ端子、電工ペンチ、シリコンオフスプレーは家にあったものを使用したので割愛。

 

私の場合、試行錯誤を繰り返したので10000円ちょっと掛かってしまいましたが、最終的に使った物の金額は6000円ほどでしょうか。

結構雰囲気変わりますし、なかなかコスパのいいカスタムと言えるのでは?

 

 

おわり