広告代理店出身インフラエンジニアの備忘録

WebデザイナーからのWebプログラマー、ミドルウェアも管理するようになり、気付けばインフラエンジニアになっていました。

新型インプレッサにシートヒーターを取り付けた

本革シートは嫌いなのでファブリックシートを選び、シートヒーターは諦めていたのですが

後付けシートヒーターなるものがあると聞いて取り付けてみました。

 

取り付けたのはtc-styleさんのパーフェクトシートヒーターというもの。

http://tc-style.shop-pro.jp

 

シートの上に乗っけるものやシートカバーの内側に設置するものはよくありますが

今回取り付けたのは純正シートの内側に埋め込むタイプ。

 

 

さすがに自分では出来る気がしないので認定取扱店さんに取り付け依頼。

特に名前は出しませんが1店舗しかありませんのでお察しください。

 

前後合わせて4席に取り付けました。取り付けた型番は以下の通り。

前席 : TYPE-4VZ x 1

後席 : TYPE-5UA x 2

  

前席はとにかく綺麗に収まることが条件。

 

後席は切り忘れ防止機能、というより誰も乗っていない状態で電源が付いてしまうことがないよう

エンジンonでは作動せず、スイッチonで初めて作動するものを選びました。

2種類ありましたが、調節段階が出来るだけ多いものがよかったのでこちらをチョイス。

 

取り付けてみて。 

シートの内側に埋め込むものなので見た目の違いはありません。

取り付け方も非常に綺麗。評判通りでした。

シートに全くシワが寄ってないですし、配線も全てマットの下ではなく床下を通してくれています。

f:id:rhymerr:20171218113851j:image

 

電源ですが、ハンドル下のヒューズボックスから取っているようです。

純正シートヒーター用とステアリングヒーター用の部分からかな?

 
f:id:rhymerr:20171218114017j:image
f:id:rhymerr:20171218114023j:image

 

スイッチの取り付けはこのようにしました。

前席は純正シートヒーターのスイッチ取り付け部が空いていたのでそちらに設置。質感もそっくりで全く違和感なし。

f:id:rhymerr:20171218004836j:image

 

後席はコンソールボックスの裏側に取り付けています。
f:id:rhymerr:20171218082304j:image
 

 

と、ここで一つ良かった話なのですが

依頼する際「後席のスイッチは奥行き的に可能であれば上部に取り付けてください。難しそうなら位置を下げてもokです」とお願いしたところ

 

いざ取り付け作業に取り掛かり 困難であると判明した時点で

『裏に鉄板があるので上部への取り付けは厳しそうです。位置を下げての取り付けとさせていただいてもよろしいでしょうか?』

と、ご丁寧に一報いただきました。

 

この手のパターンって最初に or条件 を伝えていなくても「無理だったんで変えておきました」などなど、事後報告されるパターンが多いですし

さらに今回の場合 依頼の際 【お任せします】と行ったニュアンスの or条件 をお伝えしていたのにもかかわらずご丁寧に一報いただけた点

信頼できる整備士さんでよかったな、と思いましたね。

 

そして肝心のシートヒーターとしての機能。

ちょっと使ってみましたが非常に快適です。寒い日のドライブが楽しみ。

 

お値段約13万。(シートヒーター本体+工賃+税)

作業日数は整備士さん2人がかりで丸2日でした。

13万と言われると安くはありませんが、整備士さんの技術と対応、それからシートヒーターの満足感を考えると決して高くはない買い物だったと思います。

あとは壊れないことを祈るだけ。

 

以上

 

 

  

 

おまけ。

...エンジニア的観点からちょいと汚い話をしちゃおう。

 

今回の工賃について。

整備士さん2人で丸2日かけて8万円

= 1日40000円(2人) = 1人あたり20000円 / 8h

= 2500円 / 1h

...あれ、こう考えると安すぎないか?

実際には、整備場の土地代やら光熱費やらといった施設の維持費が入りますのでもっと低い計算になります。

 

シートヒーターの取り付けでも何でも、自動車整備士さんに作業を依頼した際は 是非一度、工賃を時給に換算してみてください。

消費者としては高い、と思う場面でも整備士さんからしたら割にあってないことが非常に多い というお話でした。